2010年11月の記事一覧

寒い季節だからこそ

最近空が高く感じます。
空気も澄んでいてとても清々しい毎日です。
ですが寒いです。。
朝方と夜中は本当に冷えます。

でも寒いのは当たり前ですね。
気が付いたら11月ももう後半。
寒いはずです。

温かいものが欲しくなるこの季節。
でも家の中やお店の中で暖まっていると、冷たいものが欲しくなる。
こたつで温まりながら食べるアイスクリームは格別ですもの。
なんなんでしょうねこの感覚は。

NITIには冷たいかき氷も、
温かいほうじ茶ぜんざいも、
ご用意しています。
両極端なこの二つですが、そこがNITIらしさ。

ちょうど、NITIのロゴマークのような感じでしょうか?
上下に分かれた様に見える「日」の文字。

温と 冷、両極端なものが一緒に存在しているという意味を今勝手はめこみました。

とにもかくにも、
秋冬にかき氷なんて...
と思われる方も多いと思いますが、
暖かい店内で食べるかき氷も、これまた格別ですよ!



(cafe staff 星)







心地よさ倍増!

以前、テーブルと椅子だった2階の小部屋がソファー席に変わりました!

なんともいえないゆったり加減です。

昼はたっぷりと陽が差して心地よく、夜はまるで秘密の部屋のような雰囲気です。

ご希望の方は『 2階のソファー席で』とおっしゃって下さい。

きっと心地よい時間を過ごしていただけると思いますよ!


00.jpg


( CAFE staff 橋本 )

紅葉情報

NITIの庭の紅葉は、まだまだ青いです。
陽がたくさん当たる上の部分が少し赤っぽくなってきました。
今から見頃がやってきます。

2010111813290001.jpg

( CAFE staff 橋本 )

新入り

NITIで夏の間、大活躍してきた『 氷 』の旗に替わって、新しい旗が登場しました!

『 茶とおかき 』のとっても可愛らしいデザインの旗です。

2010111712270001.jpg
こちらの旗をデザインしていただいたのは、『 氷 』に引き続き、
SOU・SOUのテキスタイルデザイナーの脇阪克二さん。


ちょっと画像が荒いですが、こんな感じです。


2010111712280001.jpg

NITIの新しい目印です。この旗を目印にみなさんいらして下さい。



( CAFE staff 橋本 )


モーニング 2回目


  ホントに寒くなってきましたね。一年で一番好きな季節です。出かけたくなります。京都は細い路地がたくさんありますが、私は性格なのか、ついつい大きい道路を通ってしまうところがあって、でも、いつからか意識してあまり知らない路地を通るようにしています。色んな発見があったり、道に迷ったり新鮮です。この前、いつもは通らない竹屋町通りを通っていたら、なんと!モーニングやってそうな喫茶店がたくさんあるではないですか。わ〜行ってみたいと思い、家から一番近いfoomさんに行ってきました。清潔感があって、気持ちいい朝を迎えられました。こんな近くに気持ちのいいお店を見つけられて、うれしくなりました。                              
 201011040833000.jpgのサムネール画像のサムネール画像 201011040838000.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像
 


NITIも花見小路を東に入った路地にあります。偶然見つけて来て下さった方は、隠れ家を見つけたみたい!と喜んでくださいます。今日のモーニングで、お客さんのそんな気持ちがわかった気がしました。思いも寄らず見つけた自分のお気に入りのお店。NITIも誰かのお気に入りにしてもらえるように、気持ちのいいお店を心がけたいな〜と思いました。
 
(CAFE staff  粟谷)
 
 
       

         


      

秋の風物詩

京都の風物詩といえば色々あるが、秋になるとよく目にする光景がある。

大きな観光バスに、団体を案内するタクシーの運転手。
もの珍しそうに歩く子供達。
そう、修学旅行である。
観光地ならではの光景、というとそれまでかもしれないが、秋の京都はとにかくすごい。

どこを歩いていても修学旅行生に出会う。
学ランやブレザーに身を包んだ子達や、私服でしおり片手に歩く子達。
自分が中学生の頃、あの子達と同じ様に修学旅行という形で初めて京都に訪れた事を思い出す。
今の旅行生達は、いったいどういった思いで京都の地を歩いているんだろう。

自分は正にこの修学旅行で京都に住みたい、住もうと思った。
当時を振り返ると、たかが中学生に京都の何が分かるのかと思うが、異国のような雰囲気と独特な時の流れに、一種の憧れに似た思いを抱いたことは今でも覚えている。

あれから10年以上経ち、もう京都に6年も住んでいると思うと、とても不思議な気持ちになる。
当たり前の様に日々を過ごしている此処が京都だということ。
向こうでは、「そうだ、京都へ行こう」
などというコマーシャルが流れ、数えきれない程の人が思いを馳せる。
そんな場所に住んでいるという事実。

もし修学旅行で京都を訪れていなかったら、こうはなっていなかったのだろうか。
秋の風物詩ともいえるこの光景を、見る事もなかったのだろうか。

修学旅行生を見ると、毎年ふとそんなことを思うのである。


沢山いる修学旅行生の中に、あの頃の自分の様に思う子がいたら、こう言ってあげよう。


「京都は素敵な場所だよ」と。


(cafe staff 星)






柿のかき氷

こちらが「柿のかき氷」。

果肉たっぷり、フレッシュな感じのソースです。

いまのうちにぜひ食べてみて下さい!


R0011311.jpgのサムネール画像




( CAFE staff 橋本 )

秋のかき氷、再び

11月になりました。
今年も早いものであと2ヶ月です。
NITIがオープンして4ヶ月、オープンよりたくさんのお客様に楽しんでいただいている、
「 天然氷のかき氷 」ですが、前にもお知らせしたとおり、秋のかき氷をやっています。

マロングラッセをあしらった栗のかき氷はクリーミーに仕立てたソースをかけた、ちょっと面白い一品です。
他にも今は「柿」と「りんご」を御用意していますが、そちらは果実をたっぷりと使ったソースで、なかなか贅沢な味わいなのではと、思います。

こんなに寒いのにかき氷?と思われる方も多いかと思いますが、温かいお茶を飲みながら旬の素材を使った冷たい氷を食べるなんて、ちょっと粋じゃないでしょうか?

秋冬にかき氷なんて食べる機会もなかなか無いと思いますので、みなさん是非一度試してみて下さい。


( CAFE staff 橋本)

月別記事一覧

twitterでもつぶやき中!